ほうれい線を消す方法をレクチャーします!

年齢を感じさせるシワといえば何を思い浮かべますか。

 

やっぱりほうれい線ではありませんか。

 

深く刻み込まれたほうれい線は、老化の象徴でもあります。

 

こちらでは、そんなほうれい線を消す方法を幾つかお教えします。

 

最近になってほうれい線が目がってきてしまった方は是非チェックしてくださいね。

 

 

■むくみを改善させることが大切

 

・ほうれい線はむくみが原因で起こることもある

 

ほうれい線とむくみは関係がないと思われがちです。

 

しかし、実際には、むくみは皮膚をたれさせることもあるので、ほうれい線を深くしてしまう可能性も高いのです。

 

むくみやすい方はしっかりと対策を練らなければなりません。

 

・むくみを取る方法とは?

 

ツボ押しを実施することで解消することがあります。

 

下唇の下に、リンパ液の流れを活発化するツボがるので、定期的に押してください。

 

押している時間はそれほど長くしないで大丈夫です。

 

5秒程度でも、効果があるとされています。

 

 

■表情筋を鍛えることが大切

 

・表情筋が衰えると皮膚がたれてしまう

 

顔が重力に負けてしまうと、どうしても皮膚が垂れているように見えます。

 

その結果、ほうれい線が目立ってしまうのです。

 

しかし、表情筋を鍛えることで、皮膚がしっかりとした状態になります。

 

重力に対抗できるようになるのです。

 

では、どうやって表情筋を鍛えるのが効果的なのでしょうか。

 

・箸を使ったトレーニング法

 

箸を加えてください。その状態で上下の唇を付けたまま、唇を横に引きましょう。

 

その状態をキープするのです。

 

ちょうど頬の筋肉を鍛えることになるので、ほうれい線にピンポイントで効果を発揮してくれるはずです。

 

箸を使ったトレーニング以外にも、口角を上げるタイプの表情筋トレーニングもお勧めですよ。

 

 

■お肌に潤いを与えるのもほうれい線改善法

 

・乾燥すると肌の弾力がなくなってしまう

 

肌の乾燥状態が続いてしまうと、弾力が全くなくなってしまいます。

 

どうしてもお肌が弱くなってしまい、ほうれい線が目立ってしまいやすいのです。

 

肌の弾力を高めるためにも、お肌の保湿が重要です。

 

・お肌に潤いを与える効果的な方法

 

ヒアルロン酸配合の化粧品やセラミド配合の化粧品を効果的に利用することが大切です。

 

ヒアルロン酸とセラミドはもともとお肌にある成分なので、リスクも少なくとても使い勝手が良いです。

 

お気に入りの化粧品にヒアルロン酸やセラミドが入っていないのであれば、早急に化粧品を替えましょう。

 

勇気のいることかもしれませんが、ほうれい線対策のためでもあります。