予防法を探る前に!ほうれい線の原因を徹底調査

ほうれい線がまだできていなくても、将来的に出来てしまう可能性は少なくありません。

 

こちらでは、なぜほうれい線が出来てしまうのか、といったことについて解説します。

 

現状でほうれい線が出来ている方も、これ以上シワを深くしないためにも注目しておくべきテーマですよ。

 

ちなみに原因は複数あります。

 

 

■ほうれい線のできてしまう原因|紫外線について

 

・肌にダメージが与えられると、それがほうれい線の原因になってしまうことも

 

そもそも、肌にハリがありさえすれば、ほうれい線で悩むことはありません。

 

そのハリに関わっているのが、エスラチンとコラーゲンになります。

 

年齢とともにそれらが減少してしまうことは知られています。
さらに、紫外線によっても影響をうけることが分かっています。

 

紫外線によって肌の奥まで影響が与えられてしまうと、ダメージとしてしばらく残ってしまいます。

 

しかも、肌の奥のコラーゲンやエスラチンを破壊するほどの力も持っているのです。

 

紫外線の恐怖は、ゆっくりと少しずつ影響が出てくれるところです。

 

日焼けしたからといって、すぐにシワになるわけではありません。忘れた頃にシワが深くなるのです。

 

 

■ほうれい線が出来てしまう原因|肌のたるみ

 

・年齢が大きく影響している

 

これはしかたのないことでもありますが、加齢とともに顔の皮膚はたるんでしまいます。

 

特に目の周りや頬と言った部位は顕著です。

 

頬が垂れ下がってしまうと、それがほうれい線になってしまうわけです。

 

ほうれい線にならないためには、肌をたるませないようにしなければなりません。

 

・顔の筋肉がたるみに大きく関係している

 

顔の筋肉がしっかりとしていれば、たるみは出てきにくいです。

 

しかし、年齢によって顔の筋肉もどうしても減少してしまうのです。

 

顔の筋肉を維持することも、ほうれい線対策としては重要です。

 

 

■ダイエットをしすぎるとほうれい線ができることもある

 

・過度なダイエットは厳禁である

 

適度なダイエットは問題ありませんが、過度なダイエットをすると肌に大きな影響が出てしまうこともあります。

 

急激に痩せると皮膚だけがそのままの状態となってしまいます。
結果的にお肌がたるんでシワとなって出やすいのです。

 

伸びでいた肌は、ゆっくりと痩せる場合にはある程度元に戻ります。

 

しかし、急に痩せてしまうと元に戻る時間のないので、顔中のシワが濃くなったような印象を受けてしまうこともあるのです。

 

1ヶ月で5キロや10キロ痩せるようなダイエットは厳禁ですよ。