ほうれい線ができやすい人とできにくい人の特徴

ほうれい線は歳を重ねるとできるものでもあります。

 

しかし、できやすい方もいれば、できにくい方も居るのです。

 

こちらでは、出来やすい方とできにくい方にはどんな違いがあるのか、といったことについて解説します。

 

将来的に自身にほうれい線が出来やすいのか、それとも出来にくいのかを知りたい方は必見ですよ。

 

 

■ほうれい線ができにくい人の特徴

 

・表情筋がよく動いている

 

ほうれい線は表情筋が衰えてしまうと皮膚が垂れ下がってしまうので、どうしても出来てしまうのです。

 

普段から表情が豊かな方はほうれい線が出にくいと言われています。

 

・骨格が面長である人

 

顔の形によっても、ほうれい線が出来やすかったりできにくかったりします。

 

まん丸な顔をしているとほうれい線ができやすくなるので注意しましょう。

 

特に太って丸顔になっている状態は危険なので、シャープな顔立ちを維持できればほうれい線ができにくいです。

 

・日焼け対策をしっかりとしている人

 

女性の中には、定期的にUVカット化粧品を使っている方がいます。

 

実際に、そういった化粧品を使っている方は、圧倒的にほうれい線ができにくいです。

 

要は、色白な人はほうれい線ができにくいのです。

 

紫外線がほうれい線のできやすいか、それとも出来にくいかに関わってきます。

 

肌のハリに関わっているのが、コラーゲンやエスラチンです。

 

実はそれらの組織を紫外線が破壊してしまうのが分かっているのです。

 

たくさんの紫外線を浴びてしまうと、ほうれい線がどうしても目立ってきてしまいます。

 

定期的な日焼け対策ができていると、ほうれい線ができにくいですよ。

 

 

■ほうれい線が出来やすい人の特徴

 

・姿勢が悪い人

 

重力の関係もありますが、実はけっこうにも大きな関係性があります。

 

下を向いていることになるので血行が滞ってしまいがちです。

 

特に肩こりは血行が悪いことで引き起こされるわけですが、それは姿勢の悪さが影響しています。

 

姿勢を良くすれば血行も良くなります。

 

肌の新陳代謝も良くなってコンディションも上昇します。

 

姿勢の悪い人は早急に対策を練るべきです。

 

・喫煙習慣がある人

 

お肌に関わる血流ですが、タバコに含まれるニコチンが非常によくないです。

 

ニコチンには血行を阻害する力があり、吸っていると高血圧の状態になります。

 

肌の状態も悪化してしまい、ほうれい線をひどくします。

 

ほうれい線になりたくなければ、禁煙をすべきです。

 

・乾燥肌である

 

乾燥肌がほうれい線を作るというわけではなく、目立たせてしまう作用があるのです。

 

乾燥肌は、肌の弾力を失わせてしまいます。

 

さらに筋肉を固くしてしまうので、非常によくない状態なのです。