ほうれい線を解消する化粧品選び〜どんな成分がおすすめ?〜

ほうれい線に対処できる化粧品が数多く販売されていますが、どれがいいのかで迷ってしまう方は多いです。

 

しかし、ほうれい線に対処するためには、より効果的なものを選ばなければなりません。

 

こちらでは化粧品に含まれる成分から、ほうれい線ケアにおすすめのタイプの化粧品を解説させてもらいます。

 

 

■おすすめの成分を一挙に紹介します!

 

・アルジルリン

 

筋肉がこわばっているためにほうれい線ができている方におすすめの成分です。

 

筋肉をこわばらせている物質の働きを抑えるはたらきがあるので、筋肉がスムーズに動くようになります。

 

結果的に、表情筋が動きやすくなるので、ほうれい線も目立ちにくくなるいのです。

 

・シンエイク

 

ボトックス注射を考えたことはあるでしょうか。

 

実は化粧品含まれる成分の中には、それと似た効果を持っている成分もあり、その一つがシンエイクなのです。

 

ちょっと驚いてしまうかもしれませんが、蛇の毒から作られた成分になります。

 

要は表情筋を麻痺させることでシワ取り系の効果が期待できるのです。

 

使うのが怖いかもしれませんが、安全性は高いので心配する必要はありません。

 

・ヒアルロン酸

 

保湿系の物質として非常に有名ですよね。

 

ほうれい線は乾燥が大敵です。

 

乾燥することで肌が弱ってしまい、肌の弾力もなくなるのです。

 

その結果、ほうれい線がハッキリと目立ってしまいます。

 

ヒアルロン酸系化粧品で肌を覆うことで、肌には潤いが戻ります。

 

シワが出来ない肌質を得られやすくなるのです。

 

・ホホバオイル

 

お肌に非常に効果が高いオイルと知られており、主な機能は保湿系となるのでヒアルロン酸とほとんど同じです。

 

しかし、ヒアルロン酸と違うのが、ホホバオイルの持っている殺菌作用です。

 

お肌にデキモノができやすい方は、肌の老化が進みやすいです。

 

そのデキモノの原因が、顔に寄生しているダニです。

 

ホホバオイルを用いてそのダニを減少させれば、お肌は健やかな状態が続き、ほうれい線ケアもできるわけです。

 

・プラセンタ

 

美肌をゲットするためには、無くてはならない成分ともされています。

 

プラセンタには様々な美容的な効果があるのですが、その中でも特に注目しておきたいのが新陳代謝の活性化です。

 

お肌が新しいものになってくれるように対処してくれる成分ですが、肌が健康になるので弾力があるハリのある肌が得られるのです。

 

ほうれい線だけでなくシワ全体にも良い効果をもたらしてくれます。