ほうれい線って何歳からできるの?30歳?40歳?

ほうれい線って何歳からできるイメージがあるでしょうか。

 

30代中盤くらいからできるのではないか、といったことを考えている方も実際に少なくないかもしれません。

 

しかし、個人差も非常にあるテーマですよね。

 

こちらでは年齢とほうれい線について詳しく解説します。何歳くらいからほうれい線ケアをしたらいいのか、といったことも考えてみましょう。

 

 

■実際にほうれい線ができる年齢とは?

 

・早い人・・・10代なかば
・平均的な人・・・30代なかば
・遅い人・・・40代以降

 

ほうれい線に関しては、一定年齢に達してしまえばいつ出来てもおかしくありません。

 

個人差があり過ぎるので、平均を出すのはあまり意味がないです。

 

どうしても、という方にお話するのであれば「30代」としておきましょう。

 

ちなみに、なぜこれだけ個人差があるのか気になりますよね。

 

実は、ほうれい線になりやすい人と、なりにくい人がいるのです。

 

なりやすい人は、かなり早い段階でほうれい線が見えてきます。

 

なりにくい人は40代以降になってやっと目立ち始めます。

 

ほうれい線になりやすい人は骨格も関わってきます。

 

骨格についての対応は難しいですが、一番のほうれい線の原因は肌の老化です。

 

肌の老化に関しては、充分に対策が立てられます。

 

 

■いつからほうれい線ケアを始めるべきか?

 

・思い立ったが吉日である

 

早ければ早いほうが良いです。

 

まだシワが出来ていない段階であったとしても、肌の老化は肌の内部で起こっているのです。

 

安心しきっていると、知らないうちにほうれい線が刻みつけられているかもしれません。

 

早い方であれば、10代後半から肌のケアを本格的に始めています。

 

遅くても20代後半には肌のエイジングケアを本格的に始めて下さい。

 

30代に入ってしまうと、本格的に老化現象が始まってくるので、間に合わないかもしれません。

 

20代前半くらいから始めていれば、ほうれい線が出来るまでの時間をかなり引き伸ばせますよ。

 

 

■ほうれい線ケアをするときにはどんな方法がおすすめか?

 

・パックを行なうこと

 

保湿することが大切です。

 

20代では、まだ肌は潤っているかもしれませんが、少しずつ保湿機能も落ち込んできます。

 

パックでしっかりと保湿してやることが大事なのです。

 

・リンパマッサージをする

 

リンパの流れを良くすることでむくみにくくなります。

 

肌の新陳代謝機能もアップするので肌機能も良くなり、ほうれい線対策となりますよ。