顔のたるみ解消でほうれい線も消える!おすすめ対策法

ほうれい線ができる原因は様々ありますが、その中でも大きい存在になるのが顔のたるみです。

 

そもそも、たるみができやすい時期になると、ちょうどほうれい線も発生し始めるわけです。

 

何らかの関係性はある、といった認識を持っていた方も多かったと思います。

 

こちらでは、なぜ顔がたるむとほうれい線が出来てしまうのか、さらに顔をたるませないためにはどうしたらいいのか、の2点について詳しく解説します。

 

 

■顔のたるみがシワを深くしてしまう

 

・陰影を決定づけてしまう

 

若い時であっても、誰しもある程度はほうれい線があります。

 

しかし、目立たなければ大きな問題にはならないのです。

 

しかし、たるみが出てしまうと、ちょうどほうれい線のできる部分に影がついてしまいます。

 

それほど深いシワではなかった場合でも、はっきりと見えてしまうようになるのです。

 

たるみがある場合とない場合では大きな違いがある、といった点はしっかりと把握しておくことが肝心です。

 

・たるみは肌の老化を証明している

 

肌がたるむということは、お肌にハリがなくなった証拠です。

 

若い時には、お肌にハリがあってピンと張っている状態になります。

 

もちろん、シワは出来ません。

 

しかし、肌の内部、特に表情筋が弱ってくると、一気に肌がたるんでしまうのです。

 

表情筋はたるみ以外にもシワにも深く影響しています。

 

肌全体を支える重要な役割を持っているものなので、弱ってしまわないようにしなければなりません。

 

老化については個人差もあります。

 

たとえ、30代後半や40代であってもある程度は対処可能なので、対応すべきです。

 

 

■顔のたるみを解決する方法〜マッサージ方法〜

 

・ほほ周辺をほぐすようにマッサージする

 

頬の筋肉を解してやることが、たるみ対策には重要です。

 

ほほの上の方から下の方、さらには耳元近くから口の周辺といった広範囲を優しくマッサージしてください。

 

マッサージするときに注意して欲しいのが、力強く行ってしまうことです。

 

強く行ったほうが、筋肉に良いはたらきがあると思っている方もいます。

 

しかし、逆に肌を痛めてしまうかもしれません。

 

お肌を強くマッサージして痛めてしまっても、それがたるみの原因となってしまうこともあるので充分に注意してくださいね。

 

優しく。

 

ゆっくりと。

 

この二点を守ってマッサージすれば徐々にたるみが少なくなり、ほうれい線も目立ちにくくなってくるはずです。

 

マッサージに関しては、筋肉を解すだけでなくリンパ液の流れも良くするので、むくみ対策にもなりますよ。