くっきりとできてしまったほうれい線を消したい!

ほうれい線は、少し出る程度なら大きな影響はありません。

 

しかし、くっきりと出てきてしまうと年齢が高く見られてしまうのです。

 

少しでも若く見てもらうためにも、ほうれい線を目立たなくしたり消すことが大切なのです。

 

こちらではほうれい線を消す方法を解説します。

 

導入しやすそうなものが会ったら、ぜひ行ってくださいね。

 

最近になって急にほうれい線が深くなってきた方には、特に注目してもらいテーマです。

 

 

■紫外線対策はしなければならない

 

・紫外線が肌にシワを作ってしまう!

 

シワは肌の老化現象にほかなりません。

 

その老化現象を招くのが紫外線です。

 

紫外線はお肌にとって非常に大きな刺激となります。

 

定期的に大量に浴びてしまうと、肌の調子が悪化してしまって、シミだけでなくシワまで作ってしまうのです。

 

・どんな紫外線対策をすべきなのか?

 

帽子や日傘を活用してください。

 

アスファルトから反射してくる紫外線もあるので完璧とはいえませんが、50%以上の紫外線をカットできると言われています。

 

その上で日焼け止めを1年中利用するのです。

 

そうすれば、ほとんどの紫外線を抑えられます。

 

他には、紫外線で影響を受ける成分を化粧品やサプリメントで補給する、といった対策法もあります。

 

紫外線で影響を受ける肌の成分は、

 

コラーゲン
ヒアルロン酸
エラスチン
プロテオグリカン

 

などです。

 

これらの成分を積極的に身体に補給させてあげてください。

 

紫外線によるほうれい線を予防することにもなりますし、改善させる力だって持っているのです。

 

 

■目の周りのトレーニングを実施する

 

ほうれい線と目の周りは遠くはなれているので、なぜそんな部位のトレーニングをしなければならないのか、と首を傾げている方も居るかもしれません。

 

しかし、肌のハリを維持させるためにも、まずはほうれい線よりも上の部位をトレーニングして、肌が弛まないようにしなければならないのです。

 

・目の周りのトレーニング方法について

 

こめかみの皮膚を斜め上に引き上げます。

 

つり目になったようなイメージの運動法になります。

 

その状態のまま、まばたきを10回程度行ってください。

 

その運動を3回程度実施すると、目の周りの筋肉がしっかりと鍛えられるので、肌のたるみが軽減してほうれい線が改善してきます。

 

すぐに効果が現れるのは難しいのですが、毎日など定期的に実施することが大切です。

 

テレビを見ながらでも出来る運動法です。

 

お風呂に入りながらおこなうのもお勧めですよ。