ほうれい線を改善する生活習慣|ちょっとした対処法を発見しよう

ほうれい線は改善できるものです。

 

しかも、生活習慣でちょっとした事に気をつければ、いままで悩んでいたほうれい線がなくなっていることもあります。

 

ここで気づいて欲しいのが、逆にほうれい線になりやすい生活習慣もある、といったことです。

 

ちょっとした対策法をお教えするので、ほうれい線に悩んでいてお金をかけずに直したいと思っている方は必見ですよ。

 

 

■寝る時は上を向いて寝ること

 

・横向きで寝ると皮膚が重力で引っ張られてしまう

 

普段から横向きで寝ている方は少なくありません。

 

いびきをかきにくくなるなどのメリットが有るのは確かです。

 

しかし、頭の重みといったものもあります。

 

重力も関係して横向きで寝ると皮膚が下に引っ張られてしまい、たるむ原因となってしまうのです。

 

ほうれいせん線が深く刻みつけられやすくなるので、充分に気をつけてくださいね。

 

なるべく上を向いて休みましょう。

 

もちろん、寝ているうちには寝返りをうつので、そこまで気にすることは出来ませんが、ちょっとした時間でもほうれい線のリスクは低減させるべきです。

 

 

■頬杖はつかないようにすること

 

・加温脂肪に圧力がかかってしまう

 

癖で頬杖をついてしまう方も多いです。

 

しかし、頬杖をつくと頬の脂肪が圧力を受けて、移動してしまうのです、移動して一箇所に脂肪が集まってしまうと、その部位の重力がましてシワとなってしまう可能性もあるのです。

 

頬杖をつく習慣がある方は、気をつけて生活してくださいね。

 

 

■食べ物を噛むときに片方だけの歯を使って噛んでしまう

 

・片側噛みによって、片方だけのほうれい線が濃く出てしまう

 

バランス良く左右の歯を使ってかまなければなりません。

 

よく、片側の歯が痛いので、もう片方の歯だけで噛み続けてしまう方も多いのです。

 

その場合は、歯医者にすぐにいって治してもらってください。

 

ほうれい線だけでなく、体全体のバランスが悪くなってしまいますよ。

 

さらに片側噛みを続けてしまうと血行がどんどんと悪くなってしまいます。

 

その結果、むくみを引き起こして、さらにほうれい線を悪化させてしまうことまであるのです。

 

 

■パソコンやスマホを長時間利用しない

 

・下を向くと重力の関係で肌がたるみやすい

 

パソコンやスマをホ利用する時は、どうしても下を向く事になります。

 

下を向くのは、シワにとっては非常に良くないことです。

 

ただ、利用しないのは無理でしょう。

 

ですから、利用時間を減らすべきです。

 

連続して利用しないようにする、といったことも大切ですよ。