保湿された潤った肌でほうれい線を作らないために必要なこと

ほうれい線と深く関わっているのが「乾燥」です。

 

ほうれい線ができやすい方の肌は乾燥しているのです。

 

一方で、ほうれい線ができにくい方の肌は潤っています。

 

ほうれい線対策には保湿が需要であることが分かりましたが、どんな方法がおすすめなのでしょうか。

 

詳しく解説します。

 

 

■パックを定期的に利用する

 

・パックで保湿成分を肌に取り込むこと

 

前もって言っておきたいのが、パックをすることが保湿になるわけではない、といったことです。

 

実は保湿成分が含まれていなければ逆効果になるので、充分に注意してください。

 

パックをすると、顔中がしっかりと塗れており保湿機能が高まっていそうですが、実は長時間肌が濡れているからといって保湿になるわけではないのです。

 

逆に毛穴が開きやすくなってしまい、乾燥しやすくなります。

 

人体は、

 

肌が潤っている・・・保湿は必要なしと感じて皮脂を出さない
肌が乾燥している・・・保湿は必要ありと感じて皮脂を出す

 

このような機能を持っています。

 

保湿機能が含まれているパックのみ、高い保湿効果が期待できる、といった認識を持ってくださいね。

 

 

■洗顔後にすぐに保湿クリームを利用すること

 

・洗顔後は肌の皮脂が多く取り去られてしまっている

 

女性の洗顔は、化粧品もしっかりと落とさなければならないので、毛穴の中までしっかりと綺麗にするタイプの洗顔料やクレンジング剤が多いです。

 

その結果、肌には全く皮脂がなくなってしまうのです。

 

肌が傷つきやすい状態となってしまい、結果的にほうれい線ができやすい状態になります。

 

だからこそ保湿系のクリームですぐに水分を補ってやらなければなりません。

 

・冬は特に保湿クリームを定期的に利用しよう

 

冬はとにかく乾燥しています。

 

普通肌の方でも乾燥してしまうこともあるので、ほうれい線に悩んでいるのであれば積極的に利用してください。

 

・どんな保湿クリームを利用すべきか?

 

ビタミンC誘導体やヒアルロン酸などの成分が入っているものが多いでしょう。

 

それらにはお肌の状態を整える機能があるので、利用はかなりオススメです。

 

一方で、最強の保湿成分と呼ばれているものもあります。
それはセラミドです。

 

特に乾燥肌で悩んでいる方は、セラミドが含まれる保湿クリームを探しだして利用してください。

 

保湿クリーム選びには、口コミを参考にするのもお勧めです。

 

実際に利用した方の意見を参考にして利用するものを決めてみましょう。