ほうれい線を隠したい…化粧で逆効果ってほんと!?

シワだとかシミなど、女性の肌には見られたくないものがたくさん。

 

このような肌の悩みを抱えているという方は非常にたくさんいらっしゃって、特にファンデーションなどメイクで隠しにくい「シワ」や「ほうれい線」については、悩んでいる方がたくさん。

 

シミであれば、カバー力の高いファンデーションやコンシーラーを使ったりすることで、小さいものなら簡単にポンポンと隠すことができますよね。

 

多少大きなシミや肝斑であっても、やはり同じようにベースメイクをしっかりと作りこむことであまり気にならないような美しい肌作りをすることができます。

 

しかし、ここで問題なのが「シワ・ほうれい線」の場合。

 

これらは平坦なシミと違って、肌に凹凸ができてしまっている状態ですよね。

 

つまり、ファンデーションを叩き込んだりするとシワの隙間にファンデーションが入り込んでしまって、余計にシワやほうれい線が目立ちやすくなってしまうということなんです。

 

シワやほうれい線を隠したくて化粧をしているのに、逆に目立ってしまっては意味がありませんよね。

 

では、ほうれい線を目立たなくさせるためにどうやってメイクをすれば良いのでしょうか?

 

まず、コンシーラーもファンデーションも何でも、薄付きにするということがポイントです。

 

それじゃほうれい線が隠れない!と思うかもしれませんが、隠そう隠そうとするために余計に厚塗りになってしまうというのがベースメイクのよくある傾向。

 

逆にファンデーションなどを薄くすることで、ほうれい線だけでなく目元のちりめんジワなども目立たなくなりますし、さらに肌も呼吸しやすくなるなどメリットはたくさん。

 

 

最初に、下地を薄く薄く塗りましょう。

 

毛穴をカバーするような薄付きの下地を使っていきますが、こういった化粧下地はファンデーションのノリを良くしてくれるほか、シワの隙間にファンデーションが溜まるのを防いでくれるという効果もあります。

 

いきなりファンデーションを塗るともちろんほうれい線の間に粉が溜まってしまいますから、まずは化粧下地を使うことをおススメします。

 

そして、コンシーラーやファンデーション。

 

ここでのポイントは必ずスポンジやブラシを使って薄く・均等に塗るということです。

 

できるだけ薄く、また濃い色やあまりにも白く浮いてしまうような色は避け、自分の肌のトーンに合ったものを使いましょう。

 

厚塗りにするとシワの溝に入り込んでしまって浮いてしまいますし、余計に線がくっきりとして見えてしまいますのでご注意を。

 

さらに、メイク直しをするときってみなさんはどうしていますか?

 

メイクをしている上からそのままルースパウダーをはたいたりしていませんか?

 

ほうれい線やシワで悩んでいるという方は、これは厳禁です。

 

いくらヨレてきたり化粧が崩れてきたからといって、そのままの状態で上塗りするのはかえってほうれい線を目立たせてしまいます。

 

メイク直しをする際には、ほうれい線の部分だけティッシュなどでオフしましょう。

 

わざわざその部分だけクレンジングする必要はありませんが、やはり美しい肌をキープしたいのならできるだけ1から肌を作りこむことがおススメです。