ほうれい線ができやすい人にはどんな特徴がある?

ほうれい線というと年齢のサインという印象が強いですが、周りの人を見てみるとまだ若いのにすでにほうれい線が目立っているという人もいます。

 

それは、ほうれい線にはある要素が関係しているからです。

 

まず知っていただきたいのが「骨格」です。

 

骨格の特徴によって、ほうれい線のできやすさが左右される場合があります。

 

・頬骨が高い
・あごが小さい
・面長

 

これら特徴に該当する方は、ほうれい線ができやすい骨格の持ち主と言えます。

 

また骨格とは少し違いますが、垂れ目というのもほうれい線ができやすい人の特徴のひとつです。

 

もちろん、これらに当てはまる方が必ずしも早い段階からほうれい線ができるわけではないですが、自分はほうれい線ができやすいタイプなんだと思えば、早くからほうれい線対策へも興味を持ちやすくなるのではないでしょうか。

 

次にその特徴として言えるのが、「日焼けをしている」ということです。

 

毎年夏になると日焼けをするのが当たり前になっているような方は、紫外線対策をあまり行っていないかもしれませんが、紫外線対策に一生懸命でないのが普通になっていると、すでに肌内部のコラーゲンがダメージを受けているかもしれません。

 

コラーゲンと言えば肌のハリですが、これが失われれば当然ほうれい線ができやすくなります。

 

紫外線対策を怠ったときに怖いのは、シミやシワだけではないのです。

 

ですからまずは、紫外線対策をきちんと行うことを忘れないようにしてください。

 

続いてその特徴としてチェックしたいのが「食べ方」です。

 

食べるときは片方だけで食べ物を噛むことが多いという方は、それによって顔の骨格にゆがみが生じている可能性があります。

 

そうしますと、表情筋のバランスにも影響が出るため、それがほうれい線へと影響する場合があります。

 

ほうれい線ができやすい人の特徴はかなりたくさんあり、その1つにも当てはまらないという方はおそらくほとんどいません。

 

ですからここで紹介した特徴にあてはまったからと言って、ショックを受ける必要はありません。

 

しかし、ほうれい線やシミ、シワなどお肌のあらゆるお悩みには、紫外線と肌の乾燥が関係しています。

 

ですから紫外線対策と乾燥対策の二点を徹底するということを、是非意識するようにしてください。

 

家の中にいるときでも日焼け止めクリームを塗ることや、朝のお手入れで十分お肌に潤いを与えること、そういった基本的なポイントこそ理想的なお肌のためには大切なのです。