「ほうれい線だけで一気に老けた印象になります」

ほうれい線は老けた印象を与えます。

 

しわや、お肌のたるみ、そしてほうれい線が目立ってくると、すごく老けてみえますから、何とか改善したいものです。

 

それと、あなたの口元は「への字」になっていませんか。

 

お顔の中でも口元は、うっかりしていると、すぐに垂れ下がってしまう部分です。

 

口元が「への字」になっていると、たったそれだけで、すっかり老けているように見えてしまいます。

 

笑みが多い方は、ほうれい線がシワのように出来やすいと言われる事があります。

 

特に接客業の方は、笑顔が仕事ですから、ほうれい線が出やすいはず。

 

ほうれい線は、豊麗線とも言われ縁起は良いとされています。

 

でも実年齢より老けて見られるのは嫌ですよね。

 

ましてや仕事柄、笑顔を絶やさないように頑張っている方には悩ましい問題です。

 

また、お仕事と、ほうれい線の関係として注目したいのは、仕事が終わって夜や夕方に帰宅するときです。

 

仕事が終わり、帰宅する際は仕事の疲れがピークに達し、「疲れ顔」になってしまいます。

 

念入りにスキンケアしたはずの肌も、特に接客業の場合は顔の筋肉を酷使しますし、オフィスワーカーさんの場合は、オフィス環境で乾燥肌になるなど、「疲れ顔」になってしまいます。

 

「疲れ顔」は、ほうれい線が強調され、お顔のシワも深くなるので、よりいっそう老けて見えてしまいます。

 

では、何故ほうれい線があると老けてみえるのでしょうか?

 

ほうれい線があるだけで、5〜10歳も老けて見えてしまいます。

 

それは、ほうれい線が見る人に老けている錯覚を起こさせるからなのです。

 

顔全体の印象に対して、ほうれい線の印象がインパクト強く、お顔全体の印象を変えてしまう錯覚を生じさせるのです。

 

頬の皮膚は、鼻などの顔のパーツからはある意味独立しています。

 

頬の皮膚は、皮膚を支える筋肉やコラーゲン組織が衰えると、他に支えるものが無いので、頬の皮膚だけたるんでしまいます。

 

これを「たるみほうれい線」と言い、最もほうえい線が目立つ状況になります。

 

この「たるみほうれい線」を修正するのに効果的なのが、有名なリフトアップマッサージと言われる方法です。

 

以上のように、ほうれい線だけでも解決すれば、5〜10歳若返るという事になります。

 

ですから、老け顔の解消には、まずほうれい線の解消に取り組むべきです。

 

それには様々な処置方法がありますが、まず何より意識的に気持ちのリフレッシュに心がけましょう。