「手軽に表情筋を鍛えてお顔のたるみを防ごう」

何故お顔のたるみは出来やすいのでしょうか。

 

それは例えば、手足の筋肉などは骨についていますが、お顔の表情筋は骨ではなく皮膚についています。

 

顔の筋肉も、腕や脚の筋肉が衰えるように、年齢と共に衰えていきます。

 

手足の筋肉が衰えても、骨がたるまない限り手足がたるむ事はありませんが、お顔の表情筋は、柔軟な皮膚についていますので、お顔のたるみが発生するのです。

 

ですから、お顔のたるみを防止するには、表情筋を鍛える事こそ効果的なのです。

 

しかし、「表情筋のトレーニング」は、様々な方法や、様々な器具が販売されていて、中には全く効果の無いものや、肌や表情筋を痛めて問題になっているようなものもあり、注意が必要です。

 

お顔のたるみ防止にガムが効果的という話をよく聞きますが、本当でしょうか。

 

ここで少し解説してみます。

 

まず、お顔のたるみ防止には、皮膚を支える筋肉(表情筋)を鍛える事が重要になってきます。

 

ガムを噛む動作によって、口周りと顎周りの表情筋を鍛える事が出来ます。

 

この表情筋は、顎舌骨筋(がくぜつこつきん)と言います。

 

こういう表情筋を普段の生活で 鍛えるっていうのはとても難しいですよね。

 

でも、ガムを噛む事で効果的に、しかも手軽に鍛える事が出来るのです。

 

ガムを噛んで表情筋を鍛えるには、効果的な方法がありますので紹介します。

 

まずガムは最近主流のタブレットではなく、昔からある板状のガムにしましょう。

 

そしてガムはなるべく噛みごたえのあるものを選びましょう。

 

ガムを噛む時は、片側だけでなく、まんべんなく左右両側で噛みましょう。

 

この方法は、即効性があるものではないので、一定期間以上習慣化する必要があります。

 

それと手軽な方法としてお勧めしたいのが、お口エクササイズです。

 

これはちょっとした空き時間でも手軽に出来ますので、是非トライしてみてください。

 

発声はしなくていいので、「あ」「い」「う」「え」「お」と大きく、そして最後に、「べー」と舌を出すお口エクササイズを行いましょう。

 

「あ」だけでも効果があるようですが、大きく口を開けるのが重要なポイントです。

 

それによって表情筋を鍛え、お顔のたるみを防止します。

 

最後に、お肌のたるみを防ぐ為に日常生活で注意すべき事をお話します。

 

日常生活では、なによりUVケアを徹底しましょう。

 

そしてなるべくタバコは吸わない、食事の栄養バランスに配慮する、それから十分な睡眠時間を確保しましょう。