「老け顔錯覚で見た目年齢を押し上げるほうれい線」

自分には関係ないと思っていたら、いつの間にかほうれい線が出来ていたなどというのは、とてもショックですよね。

 

でも実際にそういう方は結構いらっしゃいます。

 

ほうれい線があると、見た目年齢が一気に10歳も老けてみられる事も実際に結構あります。

 

では、何も油断した訳でもないのに、何故ほうれい線は突如として出現してしまうのでしょうか?

 

実はほんのちょっとした生活習慣から、ほうれい線が出来てしまっていたのです。

 

ではどのような生活習慣がいけなかったのでしょうか。

 

ほうれい線に良くない生活習慣とはどういうものか、お教えしましょう。

 

 

1.猫背の方
姿勢が猫背気味の人はほうれい線に良くありません。

 

仕事柄デスクワークが多く前傾姿勢になりやすい人や、首こりや肩こりがひどい人も表情筋を衰えさせ、ほうれい線が出来てしまいます。

 

 

2.ポニーテールの方
ロングの方は、ポニーテールにする事が多いかと思います。

 

でもポニーテールで引っ張られた顔が、ポニーテールをほどくと、たるんで、ほうれい線になってしまいます。

 

きつく結ぶ方ほど注意が必要です。

 

 

3.日焼けしている方
日焼けはお肌に良くありません。

 

紫外線は、シミやたるみ、ほうれい線を悪化させます。

 

また日焼けすると肌が乾燥しやすくなりほうれい線を悪化させます。

 

なるべく外出する際はしっかりとした紫外線ケアが必要です。

 

 

4.食べるときに偏った側で噛むクセがある

 

食べものを噛む際、左右どちらかで噛むくせがあると、皮膚のたるみが生じやすく片側のほうれい線だけ濃くなったりもします。

 

 

ほうれい線は「法令線」とも書く事がありますが、それは「法令を守れない人」という意味があるとの事。

 

昔ほうれい線がある方は骨盤の異常からまっすぐ決められたとおり歩けないとも考えられ、その例えとして「法令を守れない人」という意味合いのほうれい線という言葉が生まれたようです。

 

ほうれい線は何故に見た目年齢を思いっきり引き上げてしまうのでしょうか。

 

少し考えてみましょう。

 

ほうれい線があると、たったそれだけで目の錯覚により見た目年齢を5〜10歳程度押し上げます。

 

これは科学的調査からも老け錯覚効果があると明らかになったようです。

 

ですから、ほうれい線に悪いとされる日々の生活習慣を見直すことや、しっかりとスキンケアを行う事、そしてリンパマッサージなどのファイスケアをおこなうなどして、見た目年齢を変えてしまうほうれい線を撃退しましょう。