見た目年齢を若返らせる!ほうれい線ケアで若々しい肌に

みなさんは、人の顔を見る時にいったいどこに注目するでしょうか?

 

パッと顔を見た時に、とっさに「若い」とか「きれい」とか、いろいろなことを思うのではないでしょうか。

 

では逆に、どういったところを見た時に「この人、老けてる…」とマイナスに見られると思いますか?

 

実年齢とは違う見た目年齢、ここのギャップがあるとすごくきれいな人だとか、きちんと肌のケアをしているんだな…というふうに思いますよね。

 

では、この見た目年齢を少しでも若返らせるためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?

 

 

まず、見た目年齢が決まるポイントからご紹介しましょう。

 

見た目年齢というのは読んで字のごとく、人から見られたときにイメージする年齢のことです。

 

この人、とても若そうに見えるけど実際はいくつなんだろう?と思うことって、誰でもありますよね。

 

実際にはかなり年上だったというととてもびっくりしますし、女性ならどんなスキンケアをしてるの?と憧れられる存在にもなり得ます。

 

この見た目年齢ですが、ポイントは3つ。

 

ひとつは「体型の美しさ」、ふたつめは「髪の美しさ」、そしてみっつめは「肌の美しさ」です。

 

特に肌の美しさというのはメイクをしてもなかなか隠せないもので、シミやクマを隠そうとして厚塗りになってしまうと、周りから見た時にすぐバレてしまいます。

 

そうすると肌が本来もつ透明感などもメイクのせいで失われている状態になりますから、見た目年齢は上がってしまいます。

 

そして、肌に関する見た目年齢ですが、最も大きく影響すると言われているのが「ほうれい線」の有無です。

 

年をとると誰でもくっきりと浮かび上がってくるのがほうれい線ですが、20代や30代前半など若くからほうれい線が現れ始めると、見た目年齢もぐっと引き上がってしまいます。

 

これを防ぐためにも、ぜひ早いうちからほうれい線ケアを行っておきたいものですね。

 

 

いつまでもハリのある顔というのは、シワもほうれい線もなくとても美しい見た目です。

 

こにハリのある若々しい肌を作り出すためには、顔の筋肉量を増やすということがキーワードになります。

 

ほうれい線ができてしまうというのは、単純に老化で顔の筋肉量が下がってしまい、顔の脂肪が支えきれなくなって垂れ下がってしまう…というのが原因。

 

ですからほうれい線はシワというよりも、皮膚が垂れ下がってできてしまった影のようなものというわけなんです。

 

ほうれい線ケアをするには、まず口を大きく動かして筋肉量をアップさせることや、歯ごたえのあるものをしっかりと食べてあごを強くし、頬の土台としてしっかり支えられるようにしておきましょう。

 

また、ハリを取り戻すために基本的なスキンケアは怠ってはいけません。

 

見た目年齢を若々しく保つためには、たるみはもちろんキメ細やかな肌作りをしていくことが大切なのです。